2022.08.19

お知らせ

ひろがれ!子育てのわっフェスティバルに参加しました

picture

令和4年7月31日に宮崎市民プラザで開催された宮崎日日新聞社主催の子育て応援イベント「ひろがれ!子育てのわっフェスティバル」に教育学部学生4名が教育学部教授 守川美輪と共に参加し、「木製玩具の遊び場」と「木の人形製作コーナー」を担当しました。当日は多くの親子が来場し、遊びと製作を楽しんでいました。参加した学生の感想を紹介します。

親子で玩具を楽しむ

教育学部3年 米良 和 

子どもによって気に入った玩具が異なり、ある兄妹は複数の玩具を組み合わせて遊んでいました。保護者は子どもの遊ぶ姿を見守りながら写真を撮ったり、一緒に遊んだりしていました。子どもの楽しそうな様子を嬉しそうに見守っている姿が印象的でした。玩具は子どもだけでなく大人も楽しませ、幸せな気持ちにすることができるのだと感じました。

木の人形製作では、木を紙やすりで滑らかにすることが初めてなのか、多くの子どもは紙やすりのざらざらとした面を触って確かめ、この面で木を削って木の粉が出た結果滑らかになっていることを確認していました。子どもはこのような体験を通して、「紙やすりのざらざらした面が木を滑らかにする」との新たな知識を得たようです。今回、私は親子の交流と子どもの知識の獲得を感じることができるという貴重な体験をしました。

オープンキャンパス開催中!

banner

ページTOP

Verified by MonsterInsights